生活スタイルにあわせたコラーゲンの選び方

コラーゲンサプリメントを、ドリンク、ゼリー、パウダー、錠剤に分類し、長所と短所を加えました。それぞれの特徴(摂取方法・維持費など)を比較して選びましょう。

豆知識
タイプ

コラーゲンの種類(タイプ)

現在販売されているコラーゲンサプリメントは、大きく分けると左の図のように、ドリンク、パウダー(粉末)、錠剤(タブレット)、ゼリーの4つのタイプに分類することができます。
その他にも、直接食べる顆粒タイプのものや、料理に混ぜて摂取する液体タイプなど、上記の4タイプに属さない商品もありますが、ここでの説明では割愛させていただきます。
それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ドリンクタイプの特徴

瓶や紙パックなどに入っているため、携帯にも便利。また、1本あたり30mL~100mLを飲むだけで、一度に多くのコラーゲンを摂取できる。
【長所】コラーゲンの含有量(平均値)がサプリメントの中でもっとも多い。
【長所】コラーゲン以外の美容成分を多く含んでいる。
【長所】どこでも飲める。
【長所】携帯に便利。

【短所】サプリメントの中では、最も高価な部類。
【短所】瓶容器の場合、飲み終わっても容器を小さくつぶせない。

ゼリータイプの特徴

1回分ずつ袋に入っており、携帯に便利。どれもおいしく食べごたえがあるので、デザート感覚で摂取できるのがおすすめ。
【長所】味がおいしい。
【長所】小腹が減った時やデザートとしてもおすすめ。
【長所】どこでも食べられる。
【長所】携帯に便利。

【短所】多くのコラーゲンを摂取するためには何袋も摂取する必要がある。

パウダー(粉末)タイプの特徴

好きな食べ物に混ぜて食べるだけなので、コラーゲンとして摂取する必要はありません。味もニオイもしないので、飲み物に混ぜても大丈夫。
【長所】味もニオイもしない。
【長所】何に混ぜても摂取できる。
【長所】低価格で多くのコラーゲンを含んでいる。

【短所】単体では摂取できない(混ぜる食品・飲料が必要)。
【短所】個包装タイプでない場合は、携帯するのに不便。

錠剤(タブレット)タイプの特徴

携帯に便利な粒タイプ。いつでも手軽に摂取できます。
【長所】味もニオイもしない。
【長所】携帯に便利。
【長所】価格が安い。

【短所】単体では摂取できない(飲み物が必要)。
【短所】コラーゲン量が少ない。

コラーゲンの選び方

いち早く効果を実感したい方には、コラーゲン含有量が多く単体でも飲めるドリンクタイプ。低コストで多くのコラーゲンを摂取したい方には、料理に混ぜるパウダータイプ。適度なコラーゲン量でおいしく続けたい方には、ゼリータイプ。お手頃価格で試してみたい方には、錠剤タイプがおすすめです。
これから初めて試す場合は、初回限定のトライアルセットを活用すれば、コラーゲンの含有量が多い商品を低価格で購入することができるのでおすすめです。


その他の情報
このページの一番上へ