効果が無い?効果がある?コラーゲンのホント

化粧品やサプリメントなど、コラーゲンが配合された商品は多くありますが、これらを取り入れることで、わたしたちの肌の弾力・ハリは本当にアップするのでしょうか。

豆知識
グラフ

肌のコラーゲンはどんどん減っている?

わたしたちの肌を支えているコラーゲンは、年齢を重ねるにつれ、どんどん減少していきます。これは、コラーゲンの合成能力の低下によるものです。また、紫外線によるダメージなど、生活環境によっても、その減少の度合いが異なります。
そのため、コラーゲン量の維持・増加を図り、肌のハリと弾力をアップすることを目的としたサプリメント(ドリンク、ゼリー、パウダー、タブレットなど)が登場しました。

摂取した分がそのまま吸収されるのではない

コラーゲンが含まれた食品を摂取することは、肌中のコラーゲン量を維持したり、増やすことが目的ですが、摂取したコラーゲンがそのままの状態で肌に吸収されることはありません。そういった意味では、直接的な効果は無いと言えるでしょう。
では何故、様々なメーカーから、コラーゲンを配合したサプリメントが販売されているのでしょうか? それに、吸収されないとわかっていながら「吸収率の良いコラーゲン」を謳うことは 問題ないのでしょうか?

目的はコラーゲンへの再合成

コラーゲンを含んだ食品やサプリメントを摂取すると、体の中では一旦アミノ酸などに分解されてから吸収されます。これにより、体の中にはコラーゲンを再度合成するために必要な(もともとコラーゲンであった)成分の多くが存在することになります。
つまり、コラーゲンサプリメントとは、コラーゲンそのものを直接吸収するのが目的ではなく、肌の中でコラーゲンを合成するのに必要な成分を効率よく吸収することが目的だと言えます。

「摂取量=コラーゲンの合成量」ではない

当然ながら、コラーゲンを体内で生成させるために必要となる成分を摂取したからといって、体内でのコラーゲン生成に必ず使われるとは限りませんし、摂取した量と同じ量のコラーゲンが合成されるという訳でもありません。最新の研究によると、コラーゲンを含んだ食品やサプリメントを摂取する場合と、そうでない場合とを比べると、肌中のコラーゲン量に違いがあることが実証されています。
この結果からも、より多くのコラーゲンを摂取することが、より多くのコラーゲン合成につながる可能性が高いといえるでしょう。


その他の情報
このページの一番上へ